電話番号
電話番号

講師紹介

授業力はどこにも負けない
超一流のプロ講師による
1対1の個別指導

講師の紹介

HPに掲載している講師はごく一部で、
各科目多数の超一流講師が活躍しています!

松本 秀明-Hideaki Matsumoto-

担当科目 数学
最終学歴 京都大学 理学部
趣味 旅行
「思いつきやすい解法」を大切にします。
赤本、模試等の解答はあくまで「解答」であり、「解説」では無いです。
解答の背景にある「なぜその発想にいたるのか?」を大切に、特には美しいベストアンサーにこだわらず、思いつきやすいセカンドベストな解答を示し指導しています。

明石 光正-Kousei Akashi-

担当科目 数学・物理
趣味 料理(得意料理は豚の角煮)、ボウリング、ビリヤード、UFOキャッチャー、カラオケ
机上の空論を現実に!想像力が解を導く!
数学や物理では種々の現象が数式に起こされています。

皆さんがその数式を学んでいく内に、それが元々現実で起きているということを忘れてしまっています。

皆さんがもし、どの公式を使うかで迷っているのであれば、なぜそれを使うのかを考えてみて下さい。そこには、必ずモデルとなる現象があるのです。どのような現象についての問題なのかを想像して下さい。数学における“二次関数”なら“ボールを投げている”。物理における“力のモーメント”なら“UFOキャッチャー”。他にも色々と想像できます。皆さんと私とで想像力を以て解を導きましょう。

小樋山 伸夫-Nobuo Kohiyama-

担当科目 数学
趣味 野球観戦、読書
あきらめない心が実力になる
小学生・中学生は野球に明け暮れ、高校は持病のためスポーツと言えば体育の授業ぐらいでした。

そのような生活の変化の中で「これから、何をしていけばいいのか?」など、結論の出ない事をよく考えていました。

そのような私が心がけているのは、「どのようにすれば頑張ってもらえるのか」という事です。

一緒に勉強する中で元気に頑張れる一助になればと思います。

坂本 拓矢-Takuya Sakamoto-

担当科目 数学
趣味 YouTube・お笑い(劇場に観に行くこともあります)
「考える」とは、どういうことか。
まず考えよう。手を動かそう。

こう言われたことのある人は、少なくないはず。もちろん間違ってはないと思いますが、もっと大事なのは、考えるための材料を知っていること。知っておかないと、そもそも考えることができません。知ってから、考えましょう。こんなことを考えます。この公式の良さは何か。どんな場面で使えるのか。

その次は演習です。知ったことを自分で使ってみないと、自分のものにはなりません。なぜこんな式変形をするのか。なぜ自分の解法では答えが合わないのか。

この「知る→考える→演習→考える」のサイクルをひたすら繰り返すだけで、数学の力は時間はかかっても必ず向上します。

渡部 勇治-Yuuji Watabe-

担当科目 数学
最終学歴 大阪大学 工学部
趣味 読書、ラーメン食べ歩き
MIDIとジャズサックス演奏
考えには力がある
問題を解くにあたってはすぐに正解を提示するのではなく、生徒さんの解いた(考えた)ストーリーを大切にしています。
エレガントな解法も大切ですが、出来るだけ無理のない自然な発想で確実に点数を取ってもらうような指導を心掛けています。

枝常 高正-Takamasa Edatsune-

担当科目 英語
最終学歴 国際基督教大学大学院
教育学前期博士課程修了
趣味 テニス・自転車・古寺散策
I've failed over and over and over again in my life and that is why I succeed. by Michael Jordan
英語に近道などはありません。毎日こつこつ予習、授業、復習、演習を繰り返すだけです。
失敗を繰り返して、力がつき、成績が少しずつ上がり、その結果自信が生まれるのです。
自信がないから、入試のときに緊張するのです。
単純なこと!だからこの1年がんばれ!

島田 保隆-Yasutaka Shimada-

担当科目 英語
最終学歴 大阪大学 外国語学部
趣味 スカイプで外国の人たちと話すこと
英語の面白さを理解して欲しい
「学問に王道なし」と言われますように楽な勉強法はありません。
しかし楽しく学ぶことはできると思います。 私自身、教えることが好きで授業を楽しんでおります。
生徒さんには英語を学ぶ楽しさが伝わるような授業を行っていきたいと思います。
受験科目であり世界共通の言語ツールでもある英語の面白さを理解してもらえたら幸いです。

山口 幸一郎-Koichiro Yamaguchi-

担当科目 化学
最終学歴 広島大学 医学部 総合薬学科
趣味 フライフィッシング(昔は・・・)
解決のバリエーションと各現象への深い知識を伝授
受験化学は今二極化しております。 習熟度を量る出題と、思慮力を推し量る出題です。
2つのタイプの入試に対応するには解決のバリエーションと各現象への深い知識です。
授業の内でこれらを伝授できればと思っております。

平子 希史-Marefumi Hirako-

担当科目 化学・物理
最終学歴 京都大学工学部
趣味 音楽を聴く事
キライ・ニガテを「好き!得意!」へ
あなたが努力をしてきたのであれば、悪いのはあなたではありません!成績が伸びない原因を、私は知っています!

メカラウロコ体験、してみませんか?!

池田 新一-Shinichi Ikeda-

担当科目 化学
最終学歴 東京理科大学 理学部 化学科
趣味 旧車ツーリング
入試はひとりで転がって手に入れることの出来ない吸熱反応の道のり
入試の活性化エネルギーを超えるための<温度>:基本の徹底、そして<濃度>:問題演習量、そして揺るがない医学部進学へのモチベーションが最高の<触媒>となり、 入試の反応速度を大きくしてくれるはずです。

高橋 幹哉-Mikiya Takahashi-

担当科目 物理
最終学歴 慶応義塾大学 理工学部 電子工学科
趣味 ドライブ・音楽鑑賞・映画鑑賞
そもそも勉強方法が間違っている!
目標点に届かない原因がどこにあるか、きちんと分かっていますか。
すべきこと明確化しなければ、ただがむしゃらに勉強しているだけでは、高い目標に到達することは、困難でしょう! また、個人によって、取り組むべき課題は異なります。
私と一緒に、それらの課題に立ち向かって行きましょう!

熊谷 知博-Tomohiro Kumagai-

担当科目 数学・物理・生物
趣味 楽譜制作・編曲、古城史跡めぐり、ドライブ
「わからない」→「ワカル」→「デキる」
「不安」→「自信」→「確信」
そのための授業をする予備校です。
わかったハズの内容なのに模試では解けなかった、、、

入試で合格する自信がそこそこあったのになぜか不合格になってしましった、、、

そんな経験ありませんか?受験生の間ではよく聞く事です。

正直どの塾予備校の授業もわかりやすいと思います。そんなのプロを謳う教育機関として最低限かつ当たり前のことです。

医進の会はさらにその先を目指します。

「ワカル」より高い次元にある「デキる」に到達する経験を重ねて初めてキミの中で合格の確信が生まれます。

個別指導の強みを生かしてキミが「デキる」ようになるまで講師・スタッフ一同、とことん付き合います。生徒さん一人一人のニーズに徹底的にコミットする。我々の存在意義はそこにあると考えています。

是非一度、医進の会の門をたたいてみて下さい。

平田 誓-Sei Hirata-

担当科目 生物
最終学歴 同志社大学大学院 工学研究科応用化学
趣味 剣道、弓道、居合道、料理
間違いは恥ではない。考えないことは恥である。
生物学における知識を身の回りの事象などと照らし合わせ、知識に深みを与える授業を進めていきます。
「生物学=単純な知識の暗記」という考えを脱却した上で考察力や読解力を育てる第一歩を踏み出せるように頑張りましょう。