医進の会は、合格の近道。大阪の「医学部受験予備校」

国公立大医学部・関西4私大医学部志望者に最適な医系予備校

ホーム > 精神面のサポート

精神面のサポート

他の学部の受験に比べて、医学部受験生は過酷な医学部入試に対して、精神的にかなり消耗することが多いです。

開業医の跡継ぎにならなければならない重圧や、そもそも医学部合格の高い障壁に対する不安…。実際、受験勉強に突入しても、志なかばで挫折することもあります。

『医進の会』では、講師紹介に学生講師ばかり並べる予備校と違って、専任講師の校舎長、副校舎長、教務部長、女性スタッフが毎日のように生徒それぞれに長く、深く接しているので、小さな心の変化に対しても、十分感受できるからこそ、適切な心のケアができます。

馴れ合いではなく、上からの抑圧的な関係でもないからこそ、生徒一人一人を理解できます。

小論文・面接対策のサポート

『医進の会』ではレギュラーの授業で小論文専門の講師による授業も行っています。
小論文の書き方以前にそもそも文章を書けない生徒もいるからです。
文章を書くことは、論理的に表現することであり、願書を出す際の自己推薦文や推薦入試・二次試験での実際の小論文だけでなく、学科試験での記述力にも直結してきます。

小論文専門の講師だからこそ、各大学の特徴を十分把握でき、的確なアドバイスを送れます。さらに、面接の実技の指導も、挨拶の仕方から適宜行っていきます。

実際の面接では、受験生にとって自分より遥かに年上の方と接することになり、特に物怖じして、ボソボソ話す男子生徒は、練習しておくことで、本番の入試でも、自信を持って、自分の考え・意見を明確に伝えることが出来ます。

昨今、推薦入試で合格することがかなり増えてきたので、数学、英語、理科を指導するのと同じく、大切な強化ポイントです。

体調面のサポート

過度に受験勉強に没頭して、時に食事をする時間や睡眠時間を削って勉強時間に当てる生徒もいます。
そして、体調不良で頻繁に休んだり、授業中居眠りをしてしまうことも出てきます。

『医進の会』では、心を癒す休憩室で軽食やドリンクも用意いたしおります。 ドリンクも毎日、お茶とコーヒーでは飽きるので、生徒の要望から多種多様に取り揃えています。

彩りあふれる教室で一時の安らぎを感じることができるでしょう。
さらに、疲れをとるクッションや枕で仮眠することで、免疫力を高めることが出来ます。休むこともトレーニングの一環です。

 

その他のサポート

実際、受験校を決めていく時、それぞれの生徒の学力状況、その大学の問題に対する相性、その生徒自身の性格、受験生の出願の流れなども考慮して、アドバイスしていきます。

それは、日頃生徒を十分理解できているからこそ、出来ることで、願書の書き方や地方での試験会場だと宿泊ホテルの予約まで、丁寧にサポートしていきます。

さらに、試験会場に専任講師・アシスタントが駆けつけ、まさに受験直前の激励も行います。

医進の会HOME

授業内容について

合格実績

講師募集について

教室までのアクセス

学生寮のご案内

ブログ